お見積り予約カレンダー

エアコン取り外しに資格は必要?自分でやる際の3つの危険性について

エアコンの点検エアコン

エアコンの取り外しや設置に、資格は必要ありません。
(*電気工事を必要とする場合を除く)

取り外し方法をまとめた動画が、YouTubeなどで配信されているので、自分で取り外してみようと考える方もいるでしょう。

確かに、エアコンの取り外しはそこまで難しいものではありません。専門業者であれば、1台あたりの作業時間は30分程度です。
DIYが得意な人や、工具の取り扱いに慣れている人であれば、問題なく作業できるかもしれません。

しかし、エアコン取り外しにおける爆発事故は、毎年のように起こっています!

曖昧な知識のまま作業を行なってしまうと、重大な人身事故に繋がり兼ねません。

エアコンのDIY取り外しは爆発の危険!正しいポンプダウンの方法
エアコンの取り外しをDIYで行う場合、正しい知識を持っていなければ、室外機が爆発する危険があります。エアコンを取り外す際には、ガスを回収するポンプダウンを行う必要があります。安全に取り外しを行うために、正しいポンプダウンの方法をお伝えします。

この記事では、エアコン取り外しを自分で行う場合における3つの危険性についてご紹介します。

エアコン取り外しにおける危険性

エアコン取り外しを自分で行う前に、さまざまな危険性があることを知っておいてください。

ここからは、エアコン取り外し作業中に起こり得る3つの危険性について確認していきます。

室外機の爆発

最も気をつけなければいけないのが、室外機の爆発です。

ここでは解説を省きますが、ポンプダウンというガスを回収する作業を誤った手順で行なってしまうと、室外機内部のコンプレッサーが爆発します。もし、近くにいれば、命にも関わる重大事故です。

知識がない状態でエアコン取り外しは決して行わないでください。

感電または漏電

エアコンの室内機と室外機は電線により接続されています。
もし、電源を入れた状態で接続線を切ってしまうと、感電の恐れがあります。

ポンプダウンが終了したら、確実に電源を落としましょう。

冷媒配管の折損

冷媒ガスを供給するための配管は銅で出来ており、簡単に曲がります。

無理に曲げることで折れてしまうので、配管の取り扱いには注意が必要です。
特に、室内機本体側の補助配管を折ってしまうと、そのエアコン自体が使えなくなる可能性もあります。

エアコンの脱落

エアコンは見た目以上に重いものです。
特に最近の機種はお掃除ロボットが搭載されているものが多く、15kg〜25kgほどの重量があります。

脚立に登った状態では不安定でもあるため、重さに耐えれずエアコンを落とす可能性もあります。
怪我や破損を防ぐためにも、2人での作業がおすすめです。

無理をせずにプロに相談

エアコンの取り外しに資格は必要ないですが、さまざまな危険を伴います。
十分な道具や知識がないのであれば、無理をせずにプロに相談をしましょう。

くらしのマーケットでは、予算や内容に合わせた専門業者を探すことができます。エアコン取り外しのみにも対応しているます。

まとめ

  • エアコンの取り外しに資格は必要ない
  • 自分で行う場合には危険を伴う
  • 無理な取り外しはせずにプロに相談する