お見積り 予約カレンダー

ハウスクリーニングにペイペイ導入|個人店舗なしでも審査に通る方法

キャッシュレス決済に対応 独立支援

キャッシュレス決済サービスとして、広く普及しているペイペイですが、ハウスクリーニングでも導入している企業が増えています。

もし、あなたが、いまだに現金のみで会計を行っているのであれば、すぐにでもペイペイを導入するべきです。
なぜならば、キャッシュレスでの会計を望んでいるお客様は急増しており、対応していなければ、多くの機会損失を生み出している可能性があるからです。

「これまでずっと現金でやってきたから大丈夫。」
そんな呑気な気持ちでは、他者との差はどんどんと離れてしまいます。

特に、ハウスクリーニングのような競合の多いサービスでは、ほんの小さな差で、お客様は他社へと流れていきます。そのような機会損失を生まないためにも、ここでは、キャッシュレスサービスとして人気の高い、ペイペイの導入方法についてご紹介します。

因みに、私は個人事業主としてハウスクリーニングを運営しており、店舗は持っておりません。しかし、問題なくペイペイの審査に通ることができました。

どのような手続きがあるのか、また、個人店舗なしでも審査に通る方法をご紹介します。

ペイペイ導入のメリット

そもそも、面倒な手続きをしてまで、ハウスクリーニングにペイペイを導入する必要があるのか?

結論を言うと、間違いなく導入するべきです。

ペイペイを導入するべき理由
  • キャッシュレス化はますます加速する
  • 会計スピードが圧倒的に速くなる
  • スマホがあれば簡単に導入できる
  • 個人事業主でも問題なく審査に通る
  • Webで導入手続きが完了する

ペイペイは個人事業主でも審査に通りやすく、店舗がない場合でも導入することができます。
また、利用している方はわかると思いますが、会計の手間が圧倒的に減ります。審査もほぼ通ることを考えると、導入しない理由はないでしょう。

導入までの流れ

新規加盟店の申し込みは、Web上で完結します。わざわざ電話をしたり、書類を送ったりする必要がないので、手軽に導入ができます。
申し込みは、以下のような流れで行われます。

  1. Web上にて仮登録
  2. 申し込み案内メール受信
  3. 審査情報の入力
  4. 利用開始キット到着

Web上で仮登録

ペイペイ加盟店向けページから仮登録を行うことができます。法人、個人事業主どちらでも登録が可能です。5分程度で入力は完了します。

申し込み案内メール受信

仮登録をしたメールに、申し込み案内のURLが記載されています。そこから、申し込みページへと進んでください。

審査情報の入力

店舗名や事業サービス内容などを入力します。事業内容に関しては、詳しく記入する必要があります。ここで、審査が通るかどうかの基準となりますので、出来る限り詳細に記入してください。

利用開始キット到着

審査が完了したら、1〜2週間程度で利用開始キットが到着します。
キットが到着したら、すぐに利用開始可能です。面倒な設定等もなく、唯一やるべきことはバーコードが正しく読み取れるかを確認することです。

個人店舗なしでも審査に通るコツ

個人事業主かつ店舗なしでも審査に通ることは出来ます。しかし、場合によっては追加で情報を要求されたりと、時間が掛かってしまうこともあります。
問題なく審査に通り、スムーズにペイペイを導入する方法をご紹介しておきます。

審査情報は詳しく記入する

審査情報の入力をおろそかにしてしまうと、追加での情報要求を何度もされたり、電話が掛かってきたりします。そのような面倒にならないためにも、審査情報は詳しく、正確に記入しましょう。

店舗写真は自宅や社用車で良い

審査情報の入力で、店舗外観と店内写真の2つを求められます。
ハウスクリーニングでは、店舗を持たずに運営している方も多いと思います。この場合店舗外観は、自宅の玄関で大丈夫です。ただし、屋号等がある場合には、看板や表札が必要となります。

実際に使用した写真がこちら。

玄関の扉

店内写真もまた、ハウスクリーニングの場合には作業現場は常に違う場所が多いです。この場合、店内写真には仕事で使用している車を提示すれば良いです。ここでもまた、屋号付きのステッカーなどがあればより審査に通りやすくなります。

実際に使用した写真がこちら。

社用車

ステッカーや看板がなくても、ロゴなどをA4用紙に印刷して貼り付けておけば良いと言われました。実際にやってはいないのですが、問題ないと思います。

まとめ

  • 審査情報は詳しく記入する
  • 店舗外観写真は自宅の玄関でも良い
  • 店内写真は社用車でも良い

ペイペイ加盟の手続きはこちら