お見積り 予約カレンダー

酸性洗剤と塩素系漂白剤を混ぜると有害ガスが発生する!【体験談】

混ぜるな危険 おそうじ

掃除用の洗剤や漂白剤に、「混ぜるな危険」と書かれた表示を見たことがあると思います。
洗剤同士を混ぜることはないし、大丈夫だろうと思っていても、ふとしたことが原因で事故に繋がることがあるんです。
特に、ハウスクリーニングを生業としている業者さんなどは、その取り扱いに十分気をつけなければいけません。

実は私自身も、ハウスクリーニング業に転職して間もない頃、塩素系漂白剤と酸性洗剤を混ぜてしまったことで大変な目に合いました。
知識はあったのですが、初歩的なミスで事故寸前という状態に陥りました。

そこで今回は、洗剤や漂白剤の取り扱いの注意点を、私の実体験も踏まえてご紹介しようと思います。
正しい知識を備え、使用方法を守ることで、自分自身を守ることができ、業者さんの場合は、お客様に迷惑をかけることも無くなります。

塩素ガスとは

刺激性のある黄緑色の気体。空気より重く、発生すると低いところを流れる。
低濃度でも鼻やのど、目に刺激を感じ、吸入すると肺水腫を起こすことがある。
許容濃度を超えると、塩素ガス中毒、急性呼吸不全を起こし、最悪の場合は死に至る可能性もある。

塩素ガスは塩素系漂白剤と酸性洗剤が混ざることで発生する。
塩素系の漂白剤で代表的なものは、カビキラーハイターブリーチなど。
酸性洗剤は、サンポールの他に、クエン酸お酢の力と書かれたものも酸性の可能性が高い。
酸性洗剤と塩素系漂白剤

洗剤以外でも発生

塩素ガスは、酸性洗剤以外の身近なものでも発生する可能性がある。
食酢やレモンなどに、塩素系漂白剤が触れると塩素ガス発生の要因となってしまう。
そのため、生ゴミや、洗い残しのある食器等に漂白剤をかけるのは注意が必要。
カビキラーとレモン

有害ガス発生の実体験

有害ガスは、人体にどのような影響を起こすのか、実際の私の体験を元に解説します。
私の場合は、お風呂のクリーニング作業中に、酸性洗剤を使用して水アカ取りをしていた時、異変を感じました。

強烈な刺激臭

まず最初に感じた異変は、強烈な刺激臭でした。これまで嗅いだことのない匂いで、とにかく不快です。
危ないと感じてすぐに換気を行いましたが、咳が止まらず、気持ち悪くなり、吐きたい気分でした。
マスクはしていましたが、ほとんど効果はなかったです。

溢れでてくる涙

目からは涙が溢れ出て、作業どころではありません。
ピリピリと痛む感じがして、その刺激は徐々に強くなっていきました。
塩素ガスは目や皮膚、気道に対して腐食性があります。
腐食性物質に触れると熱傷を起こし、気道など体内に入ると咳や嘔吐の症状が出ます。

苦しくなる呼吸

熱傷を起こしてしまったせいか、呼吸をするたびに咽てしまい、苦しくなりました。
呼吸困難とまではいきませんでしたが、息が出来ない感覚を味わいました。
本当に危ない体験でした。

正しい使用方法

事故を発生させない為に、正しい知識と使用方法を学んでおきましょう。

防護着を装着

塩素ガスが発生しなくても、洗剤や漂白剤を使用する際には防護着を装着は必須です。
以下は装着すべき防護着の一覧です。

  • ビニール手袋
  • 防護メガネ
  • 帽子
  • 防護マスク
  • アームカバー
  • カッパ

ビニール手袋は液だれから腕にかかってしまうこともあるので、長めのものがオススメ。
特に守らないといけないのは、目や喉です。マスクは市販の医療用マスクではなく、防護マスクがより安全です。
常に、最悪の場合を想定してリスク管理を行いましょう。

不要物の除去

レモンからガスが発生するように、何が原因で事故に繋がるかは分かりません。
レモン以外でも、酸性のもの、例えば食酢なども塩素系漂白剤と反応しガスが発生します。
洗剤を使って掃除をする場合は、不要物は取り除いてからにしましょう。

濯ぎの目安

塩素系漂白剤を使った後に酸性洗剤を使用する場合。または、その逆も同様ですが、洗剤を使用した後は、水でしっかりと洗い流しましょう。
濯ぎの目安は、洗剤を塗布した箇所に30秒〜60秒です。
排水溝などは、洗剤が残っている可能性もあるので、十分に濯ぎましょう。

まとめ

  • 塩素系漂白剤と酸性洗剤が混ざると有害な塩素ガスが発生する
  • 塩素ガスに触れることで熱傷を起こし、最悪の場合死に至る
  • 洗剤を使用する際には適切な使用方法と防護着の着用が必須